湯田陽太という詐欺師の逮捕、経歴、セミナー、マルチ商法、ネズミ講、についてまとめた!【注意喚起】

今回は、自称経営者の詐欺師 湯田陽太についてまとめた。

管理人の周囲にも湯田陽太に騙され、多くの借金をした人は結構いるので、

さらに被害が拡大しないように、しっかり記事を書いていくから、

皆もこの記事を読んだら、友達や周りの人に教えてあげて、詐欺被害が広がらないようにしてくれ!

2021年7月6日 湯田陽太は逮捕されていた。

法律を破ってまで、金を集めたいなんて、最低なクズ野郎だな!!
絶対に、関わるべきじゃない。

詐欺師名称湯田陽太
会社名株式会社Labeme
住所東京都新宿区西新宿6丁目6番3号新宿国際ビルディング新館5階501-2
実家住所東京都府中市紅葉丘1-37-29

早速、情報商材詐欺の代表とも言える人物湯田陽太について、まとめていく。

湯田陽太の経歴

実は管理人は元情報商材屋で、湯田陽太とお会いしたことが何度かありまして、

湯田陽太会うたびに違う案件をやっており、毎回勧誘されました。。。

正直、悪徳商材には興味がないので、断っていたのですが、

実態は、詐欺で儲けた金の税金対策として立てたのが、株式会社Labemeなのですが、

その年表を以下にまとめると、

年表商材名
2012〜2013年株式会社SMC(代表者:折井祐介)
2014年〜2015年合同会社NBC(代表者:佐藤みきひろ)
2016年〜デュブリ、D9、ビットシャワー
2018年〜レブキャピタルファンド
2020年〜アルケミスト

ビジネスを始める前にはお笑い芸人にもなろうとしたらしいが、

お笑いの才能がないし、努力は嫌い。でも、ビジネスがラクという理由で、詐欺師になったそうだ。

(セミナーでは、強がって面白いキャラでいるが、話すテンポが遅いから明らかにお笑いに向いてない。(笑))

ちなみに、それぞれの案件名を検索してもらえば、わかると思うが、

湯田陽太の行なっている案件は、全て悪徳情報商材(笑)!

自転車操業(ポンジスキーム)という手口、もしくは、ネズミ講という手口で行なっているんです。

私は、優良案件しか行わないので、湯田陽太のセミナーや話を聞いても

湯田陽太は詐欺案件ばかり持ってくるので、

手を出したことは一度もないのですが、

湯田陽太の行う詐欺案件に手を出した人は皆、罪悪感や借金だけが残って私に相談してきました。

これは、僕のライン@の友達とのやりとり。

騙される若者の多くが、人が多く集まっている場所で、話している人を凄いと思ってしまう心理を利用されることが多い。

たとえ、皆が凄いと言っていても、あくまで噂話や、結果的にその噂を流している人に金銭的なメリットがあるだけな場合が多いから気をつけよう。

この案件は、レブキャピタルファンド(ライズトークン)という案件だったようですが、湯田陽太や湯田陽太の手下に騙されて詐欺にあうような人物が二度と現れて欲しくないと思いこのブログを書いています。

湯田陽太の情報商材詐欺の手口

主に大学生や知識のない若年層がターゲットとしている。

販売の手口としては、マルチ商法で利用される価値上げという手口を利用して勧誘が行われている。

『年収数千万稼いでる人がいる』や『すごい人がいる』という形で、

話し上手な詐欺師(実際には、ただの大学生)を紹介し、素直に信じてしまった大学生や若年層が入会してしまうという手口だ。

このように、大学生や若年層を上手いこと勧誘して

詐欺被害者を増やしているのだ。

最近は、T-up(ティーアップ)という手口で上の人を持ち上げることで、組織を拡大させたり手口が多発しているから気をつけないとな。

湯田陽太の手下(仲間)一覧

直接、湯田陽太に騙されなくても、湯田陽太の手下の詐欺師に騙されるケースがあるので、
皆が騙されないように、湯田陽太の現在の手下についてまとめていく。
これを見て騙されて借金しないように気をつけるようにしてくれ!

特に今から紹介していく奴らは、湯田陽太の手下で、頭は悪いのだが、
人を立てる手口(T-up)を利用して、T-upされた人が、素敵に感じてしまうように騙してくる。

そんな彼らは素敵なトークで騙して勧誘を行うスペシャリスト

素敵なセリフ、甘い言葉、かっこいい生き様
みたいなのを語られて、

気づけば、被害者ではなく、加害者になっていた。


なんてことが無いように気をつけよう!

素敵な場所でかっこいい言葉を言われて騙されたという相談は、後を立たない。
楽して儲かるなんて夢を見ないでコツコツ働くことが大切だ。

小ネズミ1.鍵本 知里

鍵本知里(かぎもとちさと)は、『自称元No.1カリスマキャバ嬢』

写真を見てみると、、

鍵本知里
{723AB6CB-0DE5-4C43-8D85-F08EDA0A33CF}

まあ、綺麗っちゃ綺麗だけど、『元No.1カリスマキャバ嬢』を自称しちゃったら、痛いw

というか、目は整形してるなこの写真!

もう40になるババアがいつまで着飾ってるのだろうか(笑)(笑)(笑)

みるからに頭悪そうで苦労しそうなツラしてるよ。

子ネズミ2. 近藤 健太(こんどうけんた)

この近藤健太という詐欺師は、湯田陽太の金魚の糞。

湯田同様、独特の気色の悪いトーンで話すのが特徴だ。

こいつは話すのは、さらに下手で面白くもない。

湯田陽太詐欺でかき集めた金の一部をもらって暮らしている。

頭が悪いのがバレないように、頑張ってボケたり、他人のイジリをして頑張っている奴だ。

子ネズミ3.菅井 祐介(すがいゆうすけ)

こいつも詐欺師 湯田陽太の手下の一人。

こいつは、プライドが高すぎて人望がないので、組織構築には貢献できていないが、

湯田に気に入られているので、良い立場をもらうことで、金を稼いでいる。

下の写真は、詐欺で集めた金で購入したブランド品だ。

こいつも一度話したことがあるが、ニコニコしていて口がうまく、気色が悪い。

営業が上手でそれで詐欺を行なっているのだろう。

実に気持ち悪い。。

歯並び悪いし、顔を見てるだけで吐き気がしてくる(汗)(汗)

子4ネズミ. 井上聡人(いのうえ あきひと)

Akkiinoue.jpg

井上聡人(いのうえ あきひと)は、

自称:仮想通貨の巨人(笑)
スポーツしかしてこなかったバカ丸出し。

元プロバスケットボール選手で、現在は、高校の同級生の湯田陽太とともに詐欺を働いているようだ。

せっかくプロバスケットボール選手になったのに、もったいない人生の送り方だね。

元プロスポーツ選手なら、人から金を騙しとるんじゃなくて、人を喜ばせてお金を稼げば良いのに、もったいない人。

今は、レガリア(REGALIA)という詐欺セミナービジネスを行なっているようだ。

最近の湯田陽太は、メディア(Youtube,ブログ)を使って、さらに世間を欺こうとしている。

最近の湯田陽太の詐欺活動の一環に、世間からの評判を操作するためのメディア活動も行なっているようだ。

例えばこのブログを見て欲しい。

湯田陽太を中心に書かれた記事で

湯田陽太の評判や口コミが良くなるように、意図的に書かれている。

詐欺活動の成果を上げるために、湯田陽太自身が有利の発言が有利に働くようなブログを書いてるなんて、人としてイカれている。

そこまでして、人からお金を奪い取りたいのかと言いたくなる内容だ。

こういう点から、湯田陽太は、人を欺いてお金を奪い取るような危険な人物だとお分かりいただけるだろう。

ポンジスキームを行っている人がこんなによく書かれている記事が存在するなんて、意図的以外考えられない。

湯田陽太がYoutubeに出演したが、詐欺を認めず明らかに彼にとって都合がよくなるトークばかり。

たとえば、この発言。

「ねずみ講っていう風に言われがちですね」・・

湯田陽太は一体何を言っているんだ?この発言は明らかに頭が悪いとしか思えない。

そもそも、マルチ商法というのは、努力もせず友人から知人を紹介して金にしようという汚い考え方をしている部分を、世間から嫌がられてネズミ講と言われているのであって、商品があるからMLMと呼ばれ法律的に問題ないと言われたところで、軽蔑の気持ちが拭えるわけじゃない。

そして、私たち人を金で見るマルチ商法のような業態を快く思わない人達からしたら、MLMだろうが、ネットワークビジネスだろうが、ネズミ講だろうが全て同じということを理解するべきだ。

そしてさらに汚い部分が見えている。

こいつは、この動画でアムウェイの話をひたすら出すことによって、日用品や生活用品を口コミで販売して組織を作ったように見せているが、
実態は、もっと汚い。

なぜなら、彼が行っていたビジネスは、投資で高配当が得られると称して最終的に投資した額を返さずに、行方知れずとする

『ポンジスキーム』と呼ばれる詐欺によって組織を作っていたのだ。

この「ポンジスキーム」という手口は、1900年代にアメリカの天才詐欺師のチャールズ・ポンジが考案したもので、湯田陽太はそれを模倣したビジネスを行なっていたのだ。

(下に湯田陽太が行っていたのと同じ手口の「ポンジスキーム」の説明をしてくれている動画があるから是非見てください。)

ポンジスキームの説明動画

情報商材詐欺師 湯田陽太のまとめ

今回は、情報商材詐欺師 湯田陽太についてまとめて、以下のことが判明した。

①湯田陽太は、ポンジスキームで多く人を騙し、被害者を作っている。

②小ネズミの名前は、近藤健太、菅井祐介、鍵本千里。

③ユーザーから騙し取った金で、豪遊している。

④小ネズミの立場を立てることで、組織を構築している。

⑤最近は、ブログやYoutubeで世間の評判を良くして、多くの人間を騙そうとしている。

以上のことから湯田陽太と彼が行っている案件は、情報商材詐欺師、および凶悪案件ということが明らかになった。

この記事を読んでいる人は、湯田陽太とその小ネズミたちに騙されないようにしよう。

関連記事

  1. ARIIX(アリックス)アイキャッチ

    株式会社ARIIX(アリックス)という詐欺会社、宮城邦夫、ネットワークビジネス、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  2. QUALIA(クオリア)アイキャッチ

    株式会社QUALIA(クオリア)という悪徳業者、詐欺会社、神農晶、ネットワークビジネス、経歴、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  3. 株式会社Historia(ヒストリア)という詐欺まがい会社、高橋平吉、EPA、口コミ、110万円、借金、後出しマルチ、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  4. フォーデイズ(FORDAYS)株式会社はやばい!詐欺まがい、ヤバい、口コミ、洗脳、借金、違法勧誘、逮捕、悪質勧誘、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  5. Liam(リアム)アイキャッチ

    Liam(リアム)の自動売買投資は詐欺まがい。上倉大知、マルチ商法、経歴、セミナー、マルチ商法、ネズミ講について【注意喚起】

  6. 株式会社GLという詐欺まがい会社、奥寺大、SOB、ビジネススクール、口コミ、洗脳、借金、違法勧誘、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。