環境・事業家集団という詐欺会社、ネットワークビジネス、経歴、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

今回は、環境事業家集団についてまとめた。

管理人の周囲にも環境事業家集団に騙され、多くの借金をした人は結構いるので、

さらに被害が拡大しないように、しっかり記事を書いていくから、

皆もこの記事を読んだら、友達や周りの人に教えてあげて、詐欺被害が広がらないようにしてくれ!

環境事業家集団とは

環境事業家集団は、若者が夢見る「企業・独立」を利用してマルチ商法・ネットワークビジネスを行う悪徳会社だ。

環境事業家集団はいままでのマルチ商法・ネットワークビジネスの手口と違うことから、

新たなマルチ商法・ネットワークビジネス、令和のマルチ商法・ネットワークビジネスなんて呼ばれてもいる。

それでは環境事業家集団の実態に迫っていく。

環境事業家集団の実態を口コミや被害報告をもとに晒していく!

環境事業化集団の口コミ・被害報告

環境事業家集団をTwitterで検索すると被害報告だらけだ。
これだけでも環境事業家集団が悪徳マルチ商法・詐欺会社ということがわかる。

環境事業家集団の詐欺仕組み

【実際にあった例】

詐欺ステップ1

ある男性が新宿駅を歩いていると、男女二人組が近づいてきた。

その男女二人組が男性に、

「このあたりで美味しいご飯屋さんを探しているんですけどおすすめあったりしませんか?」

と聞いてきた。

男性は近くのおすすめのご飯屋さんを教え、立ち去ろうとした時

男女二人組から

「食べ終わったら感想を送りたいので、よかったらLINEを教えてもらえませんか?」

と聞かれた。

男性は気さくな二人組だったこともあり、LINEを教えたという。

詐欺ステップ2

後日、男女二人組の女性から食事に誘うLINEがきた。

「こないだはありがとうございました。
ぜひお礼として私のおすすめのお店でご馳走したいので空いてる日程ありませんか?」

男性は気を良くして食事にいった。

そのお店は味も雰囲気もいい感じで、何度も女性とご飯にいったことで仲良くなっていった。

詐欺ステップ3

男性は女性と食事を重ねていたが、気づくとその店で行われるパーティーに参加するようになっていた。

パーティーの内容は

・店を貸し切って社長や経営者を招いての食事パーティー
・ダーツやボードゲームなどをお酒を交えて楽しく遊ぶパーティー
・男女数名での合コンチックなパーティー
・店の常連客や店長を交えて、自分たちの将来について語るパーティー

などなど様々だ。

将来の夢の話の流れから興味をもった男性は、彼らが参加しているという勉強会・セミナーに参加。

そこで経営の師匠という人物に会い、起業や独立がしたいならこの会に入会すれば道が開けると言われて入会をした。

環境事業家集団のスタートは大体このパターンが多い。

店の常連客・店長・女は全員グル

常連客・従業員・女は全員グルで環境事業家集団の入会者。

男性を環境事業家集団に入会させるためのステップを全員で行っていたのだ。

これが環境事業家集団の危険なところだ。
自分以外全員環境事業家集団側という状況を作り出される。

洗脳して金を取る

環境事業家集団は会員を洗脳させることで利益を生んでいる。

自己投資として金を取る

環境事業家集団に入会後はコミュニケーションやビジネスマインドに関するセミナーに毎週末参加させる。セミナーの内容で特徴的なものが「チームビルディング」と「自己投資」である。

「チームビルディング」とは、「起業するにあたってはチーム作りが重要なため、直下9人・総勢50人のチームを作り上げることが必要である。」と伝え、勧誘手法を叩き込むものだ。「環境」では、上記のチームを作り上げるとオーガニックショップの出店が「許可」されるが、これを実現する会員はほとんどいない。実現した場合も顧客のほとんどは「環境」の構成員である。

また「自己投資」とは、「起業のためには月15万円程度の『自己投資』が必要」と伝えるものだが、具体的な内容はまだ伝えない。

ひととおり環境事業家集団のセミナーが終わると勧誘する側に回らせ、毎日深夜にまで及ぶ勧誘活動や師匠への報告を行わせて疲弊させていく。

そうして3カ月ほど経ち、完全に組織に染まった時、初めて「自己投資」の内容を明かす。15万円の自己投資の正体。それは、「師匠の店舗から15万円分のシャンプーやサプリメントを毎月購入する」ことなのだ。

環境事業家集団はセミナーを通じて洗脳していく。

自己投資のその後

構成員が勧誘した人物が自己投資を行った場合、「自己投資に使えるポイント」が付与される。このため構成員は自己投資の負担を下げ、チームを作って出店を許可されるため勧誘にいそしむこととなる。

つまり彼らは、構成員に勧誘を行わせ、商品販売を行うピラミッド状の組織を作るビジネスを行っている。これがマルチ商法、つまり特商法における連鎖販売取引にあたるかどうかは解釈が分かれるところだ。

彼らの特徴は月15万円もの買い込みを行わせることと、目標が起業=オーガニックショップの出店に置かれること、そしてビジネスの正体を徹底的に隠すことであり、筆者はこれが問題であると考えている。

一般的なマルチ商法であれば勧誘の早い段階で商品説明やデモを行うため、その企業の名前や業態を知ることができる(そもそも事前に企業名やマルチ商法であることを示さず勧誘するのは違法である)。

ところが「環境」の場合、単に起業を目指す集団であるとだけ伝えて入会させ、完全に染まりきるまで核心を伝えない。これは徹底しており、勧誘の場では組織で扱っている商品は絶対に見せず、自己投資の正体を明かす前にもその説明は行わない。勧誘の途中でターゲットから外れ、飲み会やパーティーの主催が「環境」だったと気付かないままの人も多くいるだろう。

勧誘の毎日で交友関係を「環境」周辺に限定させ、疲労で思考力を鈍らせてから初めて月15万円もの買い込みを勧める。この状態で15万円の自己投資を選択したとして、果たして「本人の意志」であると言えるだろうか。

環境事業家集団がメディアで取り上げられる

環境事業家集団は各メディアでも取り上げられる。

Livedoor記事

https://news.livedoor.com/article/detail/19610235/

「洗脳するまで目的は伝えない」起業を夢みてセミナーに通った20代女性の悲惨な末路

2021年1月29日 11時15分 プレジデントオンライン

マルチ商法などの悪徳商法の手口が巧妙になっている。ライターの雨宮純氏は「街コンや起業セミナーなどあらゆるところに構成員がいる。洗脳するまで商材を見せないという点で、手口は非常に悪質だ。ある20代女性は、同じ組織の構成員と寝食をともにしながら毎月15万円を上納することになった」という――。

■気づいたらそこは悪徳商法の巣窟
「最初はあのお店がそんな場所だとは、まったく知りませんで
した」

繁華街にある、小ぎれいでリーズナブルなダイニングバー。カクテルは1杯300円。食事の味も悪くない。何も知らなければ、単にコストパフォーマンスの良い便利な店だろう。

ところが、私が取材したAさん(20代・女性)が出入りしていた店は、経営者から従業員、常連までが悪徳商法集団の構成員という、魔窟のような場所だった。

https://news.livedoor.com/article/detail/19610235/

PRESIDENT記事

https://president.jp/articles/-/42752

ABEMA

環境事業家集団はいままで謎に包まれている部分が多かったが、最近は数々のメディアに取り上げられ始めた。

有名人も注意喚起

三崎優太

DaiGo

ひろゆき

環境事業家集団は有名人にも知られており、全員がやらないように注意喚起している。

環境事業家集団などのマルチ商法に勧誘された時の断り方。

環境事業家集団などのマルチ商法は、巧みな手口で勧誘を行ってくる。

例えば、「俺と一緒にやろうぜ!」「お前と成功して、ハワイで酒飲みてえじゃん!」のような友情を利用して誘ってきたり、

「〇〇さんだったら頭いいし絶対に成功できるよ!」など、煽てるように勧誘してくることもある。

このような手口で勧誘を受けた場合は、

「じゃあ、マルチ商法じゃなくて、ちゃんとした仕事で一緒に稼ごうぜ!マルチ商法じゃないちゃんとした仕事を見つけたら誘ってくれよ!」と言って断ったり、「頭いいから、マルチ商法じゃないちゃんとしたビジネスで成功するよ!」と言うのが正解だと考えられる。

もし、断りづらい空気の時は、「一回、持ち帰っていい?弁護士の知り合いがいるから、その弁護士に聞いて良さそうならやってみるよ!弁護士なら正当な回答くれるから良いよね!」などと明らかに正解をくれる人を盾に家に持ち帰って、後で断りの連絡を入れよう!

マルチ商法の奴らは、
本当に断りずらいセリフで勧誘をしてくるからな。
気をつけてくれ!

関連記事

  1. 株式会社ノエビア(NOEVIR)はやばい!詐欺まがい、ヤバい、口コミ、洗脳、借金、違法勧誘、逮捕、悪質勧誘、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  2. ARIIX(アリックス)アイキャッチ

    株式会社ARIIX(アリックス)という詐欺会社、宮城邦夫、ネットワークビジネス、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  3. NIS株式会社という詐欺まがい会社、金河辰哉、副業、副業コンサルタント、日経225先物取引、バイナリーオプション、洗脳、借金、違法勧誘、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  4. ニュースキン(NUSKIN)という詐欺まがい会社、口コミ、洗脳、借金、違法勧誘、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  5. 株式会社GLという詐欺まがい会社、奥寺大、SOB、ビジネススクール、口コミ、洗脳、借金、違法勧誘、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  6. 株式会社First(ファースト)アイキャッチ

    株式会社First(ファースト)という詐欺会社、福田弘樹、ネットワークビジネス、経歴、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。