フォーデイズ(FORDAYS)株式会社はやばい!詐欺まがい、ヤバい、口コミ、洗脳、借金、違法勧誘、逮捕、悪質勧誘、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

今回は、フォーデイズ(FORDAYS)株式会社についてまとめた。

管理人の周囲にもフォーデイズ(FORDAYS)株式会社に騙され、多くの借金をした人は結構いるので、

さらに被害が拡大しないように、しっかり記事を書いていくから、

皆もこの記事を読んだら、友達や周りの人に教えてあげて、詐欺被害が広がらないようにしてくれ!

フォーデイズ(FORDAYS)株式会社とは

商号フォーデイズ株式会社
所在地【東京本社】〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町6-7 第2山万ビル
【本  店】〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-13-21
代表者代表取締役社長 和田佳子
創業1997年4月
資本金4,500万円
事業内容健康食品および化粧品の開発・販売
年商329億円 (2021年3月期)
取引銀行三井住友銀行 日本橋東支店(日本橋東法人営業部)、
三菱UFJ銀行 門前仲町支店(深川支社)、みずほ銀行 京橋支店、
きらぼし銀行 日本橋支店
従業員数252名(臨時を含む)
加盟団体公益社団法人 日本訪問販売協会
一般社団法人 全国直販流通協会
公益財団法人 日本健康・栄養食品協会
一般社団法人 日本栄養評議会(CRN-JAPAN)
東京商工会議所
訪販化粧品工業協会
公益社団法人 消費者関連専門家会議(ACAP)

フォーデイズ(FORDAYS)株式会社は、健康食品および化粧品の開発・販売をマルチ商法・MLM・ネットワークビジネスを通じて行なっている。

フォーデイズ(FORDAYS)株式会社の実態を口コミや被害報告をもとに晒していく!

フォーデイズ(FORDAYS)株式会社の口コミ・被害報告

フォーデイズ(FORDAYS)株式会社を検索すると被害報告の口コミだらけだ。
これだけでもフォーデイズ(FORDAYS)株式会社が悪徳マルチ商法・詐欺会社ということがわかる。

フォーデイズ(FORDAYS)株式会社が危険ヤバい

ここからはフォーデイズ(FORDAYS)株式会社が危険ヤバい理由を見ていこう

行政処分を受けていて危険ヤバい

フォーデイズ(FORDAYS)株式会社は行政処分を受けていて危険ヤバい

特定商取引法違反の連鎖販売業者に対する連鎖販売取引停止命令(6か月)及び指示について

消費者庁は、「ナチュラルDNコラーゲン」と称する清涼飲料水(以下「本件商品」といいます。)を販売する連鎖販売業者であるフォーデイズ株式会社(本社:東京都中央区)(以下「同社」といいます。)に対し、特定商取引法第39条第1項の規定に基づき、平成29年11月25日から平成30年5月23日までの6か月間、連鎖販売取引に係る取引の一部(新規勧誘、申込受付及び契約締結)を停止するよう命じました。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/release/2017/pdf/release_171124_0001.pdf

フォーデイズ株式会社に対する行政処分の概要

行政処分の内容
(1)取引停止命令

① 内容
特定商取引に関する法律(以下「法」という。)第33条第1項に規定する連鎖販売取引に関する取引のうち、次の取引を停止すること。
ア 同社の行う連鎖販売業に係る連鎖販売取引について勧誘を行い、又は勧誘者に勧誘を行わせること。
イ 同社の行う連鎖販売業に係る連鎖販売取引について契約の申込みを受け、又は勧誘者に契約の申込みを受けさせること。
ウ 同社の行う連鎖販売業に係る連鎖販売取引について契約を締結すること。

② 停止命令の期間
平成29年11月25日から平成30年5月23日まで(6か月間)

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/release/2017/pdf/release_171124_0001.pdf

⚠︎フォーデイズ(FORDAYS)株式会社は、6ヶ月間の行政処分を受けている。

(2)指示

同社に対し、法第38条第1項の規定に基づき、以下のとおり指示した。

① 同社は、同社と同社の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引についての契約(以下「本件連鎖販売契約」という。)を締結し、同社が販売する本件商品を購入した者に対し、「勧誘者は、本件商品を摂取することで、あたかも病気の治療若しくは予防又は症状の改善ができるかのように告げていたことがあるが、本件商品にはそのような効能はない。」旨を、平成29年12月25日までに通知し、その通知結果について、同日までに消費者庁長官まで文書にて報告すること。

② 勧誘者は、法第33条の2に規定する氏名等の明示義務に違反し、法第34条第1項で禁止する不実のことを告げる行為を行っていた。かかる行為は法の禁止しているところであり、同社は、今回の違反行為の発生原因について、調査分析の上検証し、その結果について、平成29年12月25日までに、消費者庁長官まで文書にて報告すること。

③ 同社は、上記の勧誘者による違反行為の再発防止策及びコンプライアンス体制(合理的な期間内に全ての勧誘者にコンプライアンスの徹底を図るために必要な措置及び体制を含む。)について、本件取引停止命令
に係る取引を再開する1か月前までに、消費者庁長官まで文書にて報告すること。

処分の原因となる事実

勧誘者は、以下のとおり、法に違反する行為を行っており、連鎖販売取引の公正及び連鎖販売取引の相手方の利益が著しく害されるおそれがあると認められた。

(1)氏名等不明示(法第33条の2)
勧誘者は、遅くとも平成28年11月頃以降、同社の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引をしようとするときに、事前に連絡なく、その相手方の自宅を訪問し、「ちょっと、上がってもいいですか。」等と告げるのみで、その勧誘に先立って、同社の名称、特定負担を伴う取引についての契約の締結について勧誘をする目的である旨及び当該勧誘に係る本件商品の種類を明らかにしていなかった。

(2)不実告知(商品の効能)(法第34条第1項第1号)
勧誘者は、遅くとも平成28年10月頃以降、本件連鎖販売契約の締結について勧誘をするに際し、本件商品にそのような効能がないにもかかわらず、「これを飲んだら目が治ります。」、「ガンが治った人もいる。」等と、本件商品を摂取することで病気の治療若しくは予防又は症状の改善ができるかのように、商品の効能について不実のことを告げていた。

⚠︎フォーデイズ(FORDAYS)株式会社は、氏名等不明示・不実告知などの違反行為を行なっていた。
その結果、行政処分になった。

フォーデイズ(FORDAYS)株式会社はなんの勧誘か、なんの商品かも言わずに、このドリンクを飲めば目が治る、ガンが治るなどの嘘つき営業を行なっていた危険ヤバい会社だ。

ガンが治るなどと平気で嘘をついて危険ヤバい

フォーデイズ(FORDAYS)株式会社はさっきも言ったが、このドリンクを飲めば目が治る、ガンが治るなどの嘘つき営業を行なっている。

以下は私の個人的な意見です。
気分を害する人がいるかもしれません。
その場合は申し訳ございません。

以前に、生理不順+ひどい生理痛と、ガン家系をばっちり遺伝している私を心配して、母がくれました。
1本1万以上するものだとも、MLMの商品だとも知らず…
母は3本くれました。いくらかかったんだ!?
母にこれを勧めた人は、不安をあおった上で、「これを飲めば大丈夫!」と言ったらしく…
まぁいろんな人がいて、本当に良いからと善意で勧める人もいると思うのですが、母に勧めた人の売り方は気に入らない。
娘を心配する母親の気持ちにつけこんだようで、苛立ちを覚えました。

商品について。
結局、私のガン体質は治りませんでした。
実際、ガンになりましたし(苦笑)
まず、医薬品でも治せない病気をサプリで治せるわけではないので、そこは「まぁそんなもんだろう」と。
もともと、商品の力を信じておらず、母の気が済むなら…と飲んでたので、プラセボ効果も期待できないし。

ただ、生理が周期的になりました。
だたし、3週間周期に…。もともと、周期が長かったので、今までの1回のところに2回くるようになりました。
嘘のような本当の話。かなりビックリしました。
しかし、これはよいことなのか…?それはよく分かりませんでした。

今はもう飲んでいません。
ただ、体には何かしら影響があるようだし、自分にあってると思う人には値段の価値がある商品なのかもしれません。

@COSME

こんな口コミが存在しているようにフォーデイズ(FORDAYS)株式会社の商品に特別な効果なんてないのに嘘をついて販売している事例が多発している。

他にもフォーデイズ(FORDAYS)株式会社の会員から、「遺伝子を修復する」とか、「この年で足腰が痛くないのもこれのおかげ」なんてありもしないことを言われてセールスされたなんて事例も聞いている。みんなは気をつけてくれ!

フォーデイズ(FORDAYS)株式会社などのマルチ商法に勧誘された時の断り方。

フォーデイズ(FORDAYS)株式会社などのマルチ商法は、巧みな手口で勧誘を行ってくる。

例えば、「俺と一緒にやろうぜ!」「お前と成功して、ハワイで酒飲みてえじゃん!」のような友情を利用して誘ってきたり、

「〇〇さんだったら頭いいし絶対に成功できるよ!」など、煽てるように勧誘してくることもある。

このような手口で勧誘を受けた場合は、

「じゃあ、マルチ商法じゃなくて、ちゃんとした仕事で一緒に稼ごうぜ!マルチ商法じゃないちゃんとした仕事を見つけたら誘ってくれよ!」と言って断ったり、「頭いいから、マルチ商法じゃないちゃんとしたビジネスで成功するよ!」と言うのが正解だと考えられる。

もし、断りづらい空気の時は、「一回、持ち帰っていい?弁護士の知り合いがいるから、その弁護士に聞いて良さそうならやってみるよ!弁護士なら正当な回答くれるから良いよね!」などと明らかに正解をくれる人を盾に家に持ち帰って、後で断りの連絡を入れよう!

フォーデイズ(FORDAYS)株式会社のようなマルチ商法の奴らは、
本当に断りずらいセリフで勧誘をしてくるからな。
気をつけてくれ!

関連記事

  1. 株式会社Historia(ヒストリア)という詐欺まがい会社、高橋平吉、EPA、口コミ、110万円、借金、後出しマルチ、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  2. NIS株式会社という詐欺まがい会社、金河辰哉、副業、副業コンサルタント、日経225先物取引、バイナリーオプション、洗脳、借金、違法勧誘、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  3. 株式会社President(プレジデント)という詐欺会社、SBA、バイナリー、坂本新、前浜慶大、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  4. Amway(アムウェイ)はやばい!詐欺まがい、ヤバい口コミ、洗脳、借金、逮捕、違法勧誘、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  5. 株式会社First(ファースト)アイキャッチ

    株式会社First(ファースト)という詐欺会社、福田弘樹、ネットワークビジネス、経歴、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  6. Divine(ディヴァイン)はアフィリエイト詐欺!前里拓斗、ネットワークビジネス、経歴、セミナー、マルチ商法、ネズミ講についてまとめた!【注意喚起】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。